2015年08月20日

債権譲渡登記

こんにちは。
花沢事務所@丸の内の中野です。

先日、債権譲渡登記を担当させていただく機会がありました。

債権を譲渡したことを第三者に主張するには、何が必要でしょうか?

譲渡人が確定日付のある証書によって債務者へ通知するか、または、債務者の承諾を得なければならないのが原則です。

しかし、「法人」「金銭債権」を譲渡した場合、その内容を登記することで、債務者以外の第三者に自己の権利を主張することができるのです。

これが「債権譲渡登記」と言われる登記です。

なぜわざわざ債権譲渡の登記をする必要があるのでしょう(?_?)

確定日付のある証書を使って通知する方が簡単ですよね。

債権譲渡登記のメリットは、一つには、債務者が多数に及ぶ場合でも、簡易に第三者対抗要件を備えることができることにあります。

債務者がとんでもなく多い場合、全員に通知を送るなんて、とても大変ですからね。



この債権譲渡登記、申請する内容はいたってシンプルなのですが、法務省が公開しているマニュアルが大量でいくつもあります。
(なぜ一つにしてくれなかったのでしょう!?)

しかも、申請内容をデータ入力するために、細かなルールがあるのです。

スペースを入れるな、半角にしろ、債権の種類を別表から選べ、等々・・・

とても慎重にデータを入力しないと、登記却下になってしまうのです。



債権譲渡登記を申請できるのは東京法務局 中野出張所です。

今回はオンラインではなく、出頭して申請を行いました。
(中野、中野へ行く・・・)


驚いたのは、登記の査手続きが40分くらいで完了してしまうこと。

その場で待てば、当日に登記事項要約書は取得することができます。

商業登記や不動産登記は申請から一週間ほどかかりますが、債権譲渡登記はスピーディーなのですね。





*おまけ*

1か月に1つ、何か新しいことをやってみようと思い立ちました。

5月は乗馬です!

20150620060656.jpg

両手で手綱をずっと持っていないといけませんので、上半身がグラグラします。

気を抜くと落馬しそうになるので、背筋がピーンと伸びました。

ところでこのお馬さま、止まるのは簡単ですが、私の指示ではほとんど進んでくれず、ずっと草を食べていました。

「道草を食う」の語源は乗馬から来ているそうです。

6,7,8月の新しいことは、また次回書かせていただきます:)


posted by はなちゃん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 花沢事務所つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。